Home > トピックス一覧 > 菊五郎、時蔵、松緑、菊之助が鏡開き~国立劇場「初春歌舞伎公演」

トピックス

菊五郎、時蔵、松緑、菊之助が鏡開き~国立劇場「初春歌舞伎公演」


 1月3日(木)国立劇場初春歌舞伎公演『 通し狂言 姫路城音菊礎石(ひめじじょうおとにきくそのいしずえ)』の初日、開演前の劇場ロビーで恒例の「鏡開き」が行われ、朝早くから詰めかけた沢山のお客様の前で、尾上菊五郎中村時蔵尾上松緑尾上菊之助が意気込みを語りました。

【尾上菊五郎】
 皆様、新年あけましておめでとうございます。平成最後の初春歌舞伎に、いつもの仲間と一緒にお芝居ができますこと、そして、いつも歌舞伎を愛して下さるお客様とご一緒に初春歌舞伎を迎えられましたこと、このように嬉しいことはございません。
 また、今年は、孫二人とともに共演できますこと、このようにありがたく嬉しいことはございません。どうか序幕から大詰めまで盛大なご声援のほど、宜しくお願いいたします。



【中村時蔵】
 今年も例年どおり、国立劇場の初春歌舞伎公演で一年のスタートを切らせていただけること、大変嬉しく思っております。
 今年はどんな芝居かというと・・・菊五郎のお兄様から「ネタバレになるから止めろ!」と言われておりますので、楽しんで観ていただけたらと思います。干支のごとく猪突猛進で歌舞伎一筋に頑張って参りたいと思います。



【尾上松緑】
 本日は天候に恵まれ、このように国立劇場におきまして、初春歌舞伎の初日が迎えられますこと、本当に嬉しく思っております。
 最後の幕まで見終わりましたお客様に、晴れ晴れとした気分で帰っていただけるように、一所懸命勤めたいと思います。



【尾上菊之助】
 今年もこのように大勢の皆様にご来場いただきまして誠にありがとうございます。
 私は狐の役を演じますが、床からポンと飛び出す趣向を考えておりますのぜ、ぜひご注目していただければと思っております。終演までお楽しみください。



鏡開きには寺嶋和史くん、寺嶋眞秀くんも登場!