Home > トピックス一覧 > 菊五郎、時蔵、松緑、菊之助が鏡開き~国立劇場「初春歌舞伎公演」

トピックス

菊五郎、時蔵、松緑、菊之助が鏡開き~国立劇場「初春歌舞伎公演」


 1月3日(金)国立劇場初春歌舞伎公演『 菊一座令和仇討』の初日、開演前の劇場ロビーで恒例の「鏡開き」が行われ、朝早くから詰めかけた沢山のお客様の前で、尾上菊五郎中村時蔵尾上松緑尾上菊之助が意気込みを語りました。


【尾上菊五郎】
皆様、新年あけましておめでとうございます。例年のごとく、初春歌舞伎公演に出演できまして、このように嬉しいことはございません。
お正月らしく、序幕から大詰まで様々な趣向を凝らしています。
どうか存分に初春の歌舞伎を楽しんでいただきたいと思います。

【中村時蔵】
令和二年のお正月に、こうして目出度く幕を開けられることを嬉しく思います。
三日月おせん実ハ佐々木の娘風折と、頼朝御台政子御前という二役を勤めておりまして、どんなお役かと申しますと……観てのお楽しみでございます(笑)。一座一生懸命に勤めますので、どうぞ楽しんでご覧いただければと思います。

【尾上松緑】
初日からこのように賑々しくお集まりいただき、誠にありがとうございます。初春を国立劇場で迎えられ、本当に気合いが入っております。
今年も皆さんに喜んでいただけるような内容に仕上がりました。どうぞ最後まで楽しんでご観劇ください。

【尾上菊之助】
今年も国立劇場で新年を迎えられましたこと、幸せでございます。
私の演じる白井権八が、途中で女性の小紫になるという、そんな趣向も楽しんでいただければと思っています。ぜひ、初春歌舞伎公演でお正月気分を味わってください。